お葬式の豆知識

法事法要

初七日法要って何をするの?

初七日とは葬儀後の法要で最初に行われるものです。
初七日の数え方は亡くなった当日を1日目として数えるので、葬儀の3、4日後には初七日法要を迎えることが多くあります。
そのため地域や家庭によっては火葬当日に初七日法要をする所もあります。
近年では葬儀社でも葬儀と初七日法要をセットにしたプランを提案している所もありますが、スムーズな予約をするためにも初七日法要の内容を把握しておきましょう。

 

【初七日法要の内容とは】

 

仏式の葬儀を終えた後には「追善供養」という行事があります。
仏教では人は亡くなった後は「あの世」で閻魔大王の裁きを受けるために旅をしており、裁きの結果によって来世での行き先などが決まると言われています。
そこで故人が無事に裁きを終えて仏の世界で成仏できるように、遺された人たちが祈ることを追善供養と言います。

初七日に代表される法事・法要も追善供養の一つで、特に初七日法要は故人の死後初めて行われる追善供養として大切なものです。
初七日法要の内容としては、火葬され骨壺に納められたお骨を「後飾り」と呼ばれる祭壇に安置したうえで、僧侶を呼びお経をあげてもらい焼香をします。
焼香を終えた後は喪主の挨拶と、「精進落とし」という会食をすることがほとんどです。

 

【火葬当日に行う初七日法要の内容】

 

初七日法要の数え方は、故人の死の当日を1日目と数えます。
亡くなった日を含めて数えるので、実際の初七日法要は死後1週間足らずで手配しなければならなくなります。
また忙しい現代では親族が集まりにくいため、火葬後の還骨勤行と一緒に、初七日法要をすることもあります。
その場合も初七日法要の内容はほぼ一緒です。
ただ火葬までに待ち時間があるので、火葬中に会食を行うこともあります。

また初七日法要では「後飾り」と呼ばれる祭壇が必要になります。
これは四十九日までお骨や仮位牌、お供えなどを自宅に祀るための祭壇で「中陰壇」とも呼ばれます。
この後飾りは初七日法要だけではなく、通夜・葬儀に参列できなかった人が弔問するためにも必要なものなので、内容を確認しておきましょう。

 

【初七日法要で必要な物品の内容】

 

初七日法要を手配する際には必要な物品や日程、内容を確認しておきましょう。
葬儀社では火葬後に初七日法要を行うプランを用意している所もあります。
そういったプランは格安ですが、地域や家庭の慣習もあるため、今後のトラブルを防ぐためにも事前に遺族・親族間で話し合って葬儀・初七日法要の日程を調整しておきましょう。

初七日法要で必要になる物品には、後飾り用の1段または2段の棚、白木の仮位牌、仏壇がない場合にはお鈴や香炉などの仏具も必要です。
また初七日法要では会場や食事の予約のほか、僧侶とのスケジュール調整も必要になります。
僧侶が会食をするかによってもお布施の金額が変わってくるので事前に日程を決めておくことと、初七日法要の内容を確認しておくことは必要なのです。

 

【初七日法要を予約する前に】

 

 
初七日法要は現代では火葬後すぐに行われることが多くなっていますが、地域や家庭によっては従来通り、亡くなった当日を含めて7日目に行うこともあります。
また初七日法要の内容自体は僧侶による読経、焼香と法要後の会食と、他の法要とあまり変わりません。
ただし葬儀社によっては、火葬当日に初七日法要を行うプランを設定している所があります。
そのため予約をする前に親族・遺族・僧侶などと相談し、初七日法要の内容と日程を確認・調整しておいた方がスムーズに内容も決まるでしょう。

この記事をシェア
前のページへ戻る

法事法要

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882