お葬式の豆知識

法事法要

その他にどんな法事法要があるの?

葬儀後の主な法事法要には初七日や一周忌法要など、種類がいくつかあります。
また故人・遺族それぞれにとって大きな節目となるのが四十九日法要です。
その他にも法事法要には多くの種類があり、現代では諸事情からあまり行われていないものもあります。

ここではどんな種類の法事法要があるのか、法事法要の言葉の違いや、法事法要ごとの内容も含めて解説していきます。

 

【そもそも法事と法要の違いは何か】

 

法事法要と言っても、実は全く同じ意味の言葉ではありません。
法要を初七日や四十九日のような追善供養の行事と思う人は多いのですが、法要とは「僧侶に読経をして供養してもらうこと」全般を指した言葉です。
そのため新盆にお坊さんを呼ぶことも、お墓を使い始める儀式をしてもらうことも「法要」なのです。

法要に対して、法事とは「法要のために人を招いて接待する行事」を指します。
例えば初七日法要に読経と焼香をし、その後に会食をすることなどを含めて「法事」と言います。
現代では節目として法事を行う法要と、法事法要を行わなくなってきたものに種類が分かれて存在している傾向にあります。

現代でも一般的に行われる法事法要には、初七日・四十九日の他、三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌といった「年忌法要」があります。
これは故人が亡くなった年を1年目とした、年忌ごとに行う法事法要です。

 

【四十九日までに行う法事法要の種類】

 

法事法要には、年忌ごとの年忌法要の他にも種類があります。
亡くなった後に行われる初七日の後にも、二七日(ふたなぬか)・三七日(みなぬか)・四七日(よなぬか)・五七日(ごなぬか)・六七日(むなぬか)法要があります。
そして最後に七七日(なななぬか)の法要をもって忌明けとします。
この七七日に行う法事法要を「四十九日」と言います。

人は亡くなると、来世の行き先を決める旅をすると言われています。
その間は7日ごとに7回、閻魔大王の裁きを受けるのですが、この判決によって故人の来世が決まると仏教では教えられています。
そのため、故人が無事に裁きを終えられるように生前の罪を洗い流すための供養が必要になります。
そこで7日ごとに行うのが「追善供養」です。

現代では7日ごとに法事法要を営むことは難しいため、初七日と四十九日だけを行うことが増えています。
あるいは他種類の法要は家族だけで行うこともあります。

 

【法事法要の数え方と種類】

 

 
法事法要の数え方は、亡くなった日を1日目とします。
そのため初七日は「亡くなった日を含めた7日目」に行います。
これと同じく年忌法要も、ちょうど「数え年」と同じように亡くなった年を1年目とします。
一周忌法要は数えでいうと2年目に行う法事法要です。
その翌年は数えで3年目になるので三回忌法要を行います。

亡くなってから満1年で一周忌法要を行い、満2年で三回忌法要を行うことになるため、一周忌法要の翌年に三回忌法要をします。
この数え方は間違うことが多いので注意が必要です。
なお近年では亡くなった年月日を入力すると、法事法要をいつ行うかを自動計算してくれるサイトもあるので、参考にするといいでしょう。

 

【その他の法事法要を依頼するには】

 

法事法要には初七日や四十九日に始まる「追善供養」や、一回忌・三回忌などの年忌ごとに行うものなど種類が多くあります。
また法要は僧侶に読経してもらうこと全般を指しているため、お墓や仏壇を新しくした際などにも法要を依頼することがあります。
さらに「弔い上げ」と呼ばれる三十三回忌の後にも、五十回忌や百回忌など他の種類の法事法要を行うこともあります。
法事法要を依頼する際には、地域の慣習などを参考にしながらどの種類の法要を行っていくか相談するといいでしょう。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

法事法要

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら
  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
フリーダイヤル0120-955-882資料請求

page top