お葬式の豆知識

葬儀後にすること

香典返しはいつまでに準備?忌明けの挨拶状はいつまで?

香典返しは一般的に、いただいた金額の半額から3分の1に相当の品物をお返しします。
しかし現代では「当日返し」という、葬儀で香典をいただいたその場で品物をお返しする文化も定着しています。
香典返しをスムーズに行うためには、いつまでに何を誰にお返しするかのリストを作成するなど工夫も必要です。
ここで慌てないように、香典返しの予算や準備すること、挨拶状や品物をいつまでに手配するかなどを知っておきましょう。

 
【香典返しと忌明けの挨拶状はいつまでに準備するか】

 
かつては香典を頂いた家を一軒一軒まわり、無事に忌明けを迎えたことの報告や挨拶を兼ねてお礼の品物を手渡すのが「香典返し」の習わしでした。
しかし現代では郵送にすることが増えています。
また特に関東や北海道では、葬儀の当日にある程度の品物をお返しする「当日返し」という文化が定着している傾向にあります。

そのため香典返しを後日する場合は、挨拶状を添えて郵送することがほとんどです。
挨拶状の内容は会葬のお礼と、無事に忌明けを迎えることを報告するものであるため、四十九日のタイミングで行うことが一般的です。
こういった報告は特にいつまでとは決められていませんが、会葬のお礼でもあるため四十九日までには済ませるのがマナーです。

また仏式では四十九日法要をもって忌明けとしますが、仏教以外の香典返しはいつまでに行えばいいのでしょうか。
神道では「五十日祭」が仏式でいう四十九日にあたります。
またキリスト教では亡くなって一か月後に「召天記念日」という儀式を行います。
仏教以外ではこれらが香典返しのタイミングと言えます。

 
【香典返しや挨拶状はいつまでに手配すべきか】
 

 

現代では香典返しは挨拶状を同封して郵送することが多いため、四十九日法要後すぐに届くように発送の手配をすることが必要です。
そこで事前に何を誰に贈るかをリストアップしたうえで品物を選ぶと同時に、挨拶状の注文もしなければなりません。

挨拶状は手書きでも良いですが、会葬者が多い場合などは定型文を印刷したハガキを添えることも多いです。
自宅にパソコンなどがある場合は、香典返しの挨拶状テンプレートもあります。
印刷所などに注文する場合は、手元に届くまで早くても一週間はかかります。

また品物を手配する際には、デパートなどの実店舗・インターネット上など注文方法によっても、いつまでに届くかが変わることがあります。
特にネットショップでは注文自体はできても、連携先の店舗や事務所が休日では発送手配ができません。

そこで「いつまでに」というより、葬儀や初七日を終えたタイミングでリストを作成し、香典返しの品物や挨拶状の印刷の注文をする人が多い傾向にあります。

 
【香典返しが高額になった場合はどうする】

 
香典返しや挨拶状を贈るタイミングは四十九日法要までが一般的です。
しかし葬儀で多額の香典をいただいた場合など、いつまでにどうしたらいいのか分からないケースがあります。
そこで香典返しを贈らなくてもいいケースについて紹介します。

一般的に香典返しをしないケースは、夫を亡くして母一人で小さい子供を育てなければならないなど、今後経済的に苦しくなるだろうと思われるケースです。
こういった状況では親族から多額の香典をいただくことがあります。
これは援助の意味が込められているので、この場合はお返しをしなくてもいいと言われています。

その他、香典をもらった相手からお返しは不要と言われた場合、故人に縁のある団体に寄付した場合などは挨拶状だけを送ります。
寄付した場合は寄付先と金額、お礼の報告もしておくといいでしょう。

 
【香典返しや挨拶状をスムーズに手配するために】

 
香典返しは四十九日までに、挨拶状と一緒に郵送するのが一般的です。
とはいえ発送日数なども考慮したいものです。
方法としては葬儀後や初七日のタイミングで香典返しの手配をしておくのがスムーズです。
葬儀社やデパートなどでは、挨拶状と品物をセットで注文すると価格が安くなるなどのサービスをしている所もあります。
香典返しや挨拶状をいつまでに手配するか悩んだ場合は、葬儀社などに相談するのもいいでしょう。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

葬儀後にすること

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882