お葬式の豆知識

葬儀後にすること

遺品の整理はどうすればいい?

遺品整理とは不用品の処分ではありません。
故人が生前住んでいた部屋を原状回復することと、形見分け・財産の確認作業の意味もあるからです。
そのため遺品整理には、一般的な片付けと異なったやり方があります。
また遺品が多い場合や部屋の状態が悪い場合などは、業者に依頼することもあります。
ここでは遺品整理の基本的なやり方と注意点、遺品整理を業者に依頼する際に気をつけることを解説します。

 
【遺品整理を行う意味とやり方】

 
住んでいた家や部屋から退去する際には、所持品を残さないようにする他、原状回復して次の人が使える状態にしなければなりません。
これは一人暮らしの人が亡くなった場合も同様です。
この場合の所持品の整理や処分・清掃などは主に遺族がすることになるので、やり方を確認しておきましょう。

遺族が遺品整理をするのは、まず部屋の原状回復という目的があります。
また遺産相続の際には、故人の財産を整理して目録を作成しなければトラブルになります。
そのため故人の所持品を確認し、不要品と財産、形見分けする品物などに分けることが必要です。

遺品整理の基本的なやり方としては、まず故人の持ち物を分別します。
ゴミ袋・段ボールなどを用意し、不要品・形見分けするもの・通帳や保険証書などの重要書類・貴金属などの財産・その他保存したいものなどに分類しましょう。
遺品が大量の場合は業者や搬出用トラックなどの手配、原状回復に清掃や修復が必要になることもあります。

 
【遺品整理で骨とう品・美術品が出てきたら】

 
遺品整理の際に注意したいことがあります。
遺品整理は故人の財産を確認・整理するための作業でもあります。
そのため貴金属や宝石類はもちろん、骨とう品や美術品と思われるものが出てきたら注意が必要です。
こういったものを無断で処分すると、後からトラブルの原因になるからです。
そこで骨とう品類の処分のやり方を紹介します。

古新聞など明らかに価値のない不要品は処分しますが、食器や家電製品などはリサイクルショップに売却することがあります。
ただし一般的なリサイクルショップでは専門知識がないこともあり、骨とう品類の査定ができないことがあります。

素人目に価値のないものでも、オークションなどでは高値で取引されることもあるので、骨とう・美術品などは知識のある古物商の資格を持った業者に相談しましょう。
この場合、一方的に遺品を引き取る業者は悪質なことがあります。
骨とう品・美術品などは安易に業者に手渡さずにおきましょう。

 
【業者による遺品整理のやり方とは】
 

 

遺品整理は所有物の分類や処分だけでなく、部屋の原状回復などの作業も発生することがあります。
部屋の状態や遺品の量によっては遺族だけで対応しきれません。
また財産の確認作業も兼ねているため、遺品整理は専門業者に依頼した方が楽に済みます。

遺品整理を行う業者には専門家ならではのやり方があります。
業者に遺品整理を依頼した際の主な流れは、まず見積を取った際に作業工程を決めます。
「いつまでに何をする」という予定が立っていれば作業がスムーズになるからです。
それから型番や製造年などの記録を取ったうえで、電化製品など大きなものを搬出していきます。

さらに残った衣類や雑貨類、その他のものを処分品・買取品・保存用などに分けるのが主なやり方です。
この作業は遺族の確認のもと行われます。
また通帳や印鑑、保険証書などの貴重品や書類が出てきた場合はまとめて保管しておきます。
清掃業も請け負っている場合は、原状回復の清掃もします。

 
【トラブルのない遺品整理のために】

 
遺品整理は形見分けや居室の整理だけではなく、遺産相続の際の財産目録を作るためにも必要な作業です。
ただし粗大ごみを処分する手配や、貴重品の扱いなどやり方が複雑で面倒なことも多いものです。
そのため不要品や骨とう品の査定もできる、遺品整理の専門業者を依頼する人もいます。
しかし業者とのトラブルも多いため、事前にいくつかの業者に見積を依頼し、やり方を比べておきましょう。
相場は部屋の広さや物の多さによりますが5万円から25万円ほどです。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

葬儀後にすること

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882