お葬式の豆知識

葬儀後にすること

納骨のために何から取りかかればいい?

納骨とは火葬にしたお骨を、お墓や納骨堂などに納めることです。
一口に納骨と言ってもお墓や納骨堂が決まっていない場合は、それらの手配や購入などをしなければなりません。
特にお墓の購入をして使える状態にするためには、すべきことも色々とあります。
それでは実際に納骨をするには、何から手をつければいいのでしょうか。
ここでは納骨に際してすべきことと注意点、多様化している納骨の方法についても解説します。

 

【納骨にはいつまでに何をすべきか】

 

よく「納骨はいつまでにすべきなのか」と疑問を持たれる方がいます。
これに対しては人それぞれと言うしかありません。
遺体の安置と火葬・埋葬については法律で決められている事項もありますが、納骨については規定がありません。

そのため火葬さえ済んでいれば納骨はいつでも構わないうえ、中には納骨をせず自宅にお骨を安置する人もいます。

納骨に期限はありませんが、多くの人が忌明け後や一周忌のタイミングで納骨をします。
これにはいくつか理由があり、ひとつは四十九日や一周忌の法要が、多くの親族が集まるタイミングのためスケジュール調整がしやすいからです。

また納骨の際には僧侶を呼んでお経をあげてもらうため、事前に手配すべきことも多々あります。
さらにお墓を新しく建てる際は3か月ほど時間がかかることがあります。
特に新しいお墓に納骨する場合は、一周忌のタイミングで納骨式を行うことが多いです。

 

【納骨のために準備すべきこと】

 
納骨の前にすべきことを考える前に、納骨をどのようにするか決めなくてはなりません。
一般的には先祖代々のお墓や、納骨堂にお骨を納めます。
しかし近年では様々な理由で共同墓地に入ることもあります。
また故人や遺族の意向によっては、お墓を持たないかわりに木を植える樹木葬や散骨などを行うこともあります。

現代は納骨や供養の考え方が多様化しており、納骨を行わずに自宅供養したり、遺骨をアクセサリーなどに加工しているケースもあります。

そこでまずは、納骨をする・しないを親族や家族で話し合って決めておきましょう。

トラブル防止のために親族・家族で話し合い、納骨が決まった時点で納骨の手配をしましょう。
すでにお墓や納骨堂がある場合は、納骨式に行う法要の手配をします。
法要を手配する際にすべきことは、法要に招く親族を確認することです。
人数を把握したうえで食事や引き出物、会場や僧侶のスケジュール調整と手配をしましょう。

 

【お墓や納骨堂を手配する際に注意すべきこと】

 

納骨式までにお墓や納骨堂がない場合は、納骨までにすべきことが増えます。

納骨式の手配をする際には、お墓や納骨堂の用意ができるタイミングに合わせて日程を調整します。
ただしお墓は注文してから完成までに時間がかかるため、注意しましょう。

お墓を手配するには、墓地の確保と石材店への注文が必要です。
墓石に使う石材は海外から輸入していることも多いため、石材が到着してから製作に取りかかることもあります。
また墓石には俗名や戒名を彫り込むため、加工にも時間がかかります。
そのためお墓が完成するまで3か月から半年ほどかかることがあります。

またお墓は納骨をする前に、開眼供養(かいげんくよう)というお祝いの儀式を行います。
そのため一周忌などの法要とは別に手配が必要です。
宗派によっても異なりますが、米・塩・酒などのお供え物の準備もします。
さらに僧侶へのお布施を用意するなどすべきことが変わるので、開眼供養については菩提寺や石材店などに確認しておきましょう。

 

【納骨する・しないを決める前に相談を】

 

納骨の時期はいつまでとは決まっていません。
また故人の遺志や遺族の考えによっては、納骨をせず自宅供養を行うこともあります。

一般的には一周忌や四十九日、もしくはお墓や納骨堂の準備ができたタイミングで納骨式を行うことが多いです。
ただしお墓は完成するまでに数か月かかり、納骨前にすべきことも多くなります。

これらの手配には手間も費用もかかるため、まずは葬儀社・石材店などに相談するといいでしょう。
 

 

この記事をシェア
前のページへ戻る

葬儀後にすること

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882