お葬式の豆知識

死後の諸手続き

遺言書の検認って何?いつやるの?

相続の手続きを行う際には、故人の遺言書が必要になります。
遺言書は法的な手続きの際に最も効力のあるものなので、相続手続や話し合いをする前に必ず遺言書を探しましょう。
遺言書が見つかったら家庭裁判所で「検認」をしてもらう必要があります。
これは公正な相続ができるよう、遺言書の改ざんを防ぐために行うものです。
ここでは遺言書の検認をするために必要な手続や条件、検認をスムーズにするコツを解説していきます。

 
【遺言書の検認とは何か】

 
相続に際して遺言状がない・相続人どうしの話が食い違いがあれば、トラブルになるなどして相続がうまくいきません。
ですから相続にあたっては、遺言状の所在を確認したうえで誰が見ても内容が分かるようにしておき、さらに改ざんできないようにします。
遺言書が見つかったら必ず内容の「検認」をします。
検認とは遺言書が公正に使われるように、家庭裁判所で遺言書の形式・加筆や修正の状態・日付・署名などを明確にしたうえで、相続人に知らせる手続です。

遺言状は故人の自宅または公証役場で保管していることが多いです。
公証役場に保管した遺言状には公証人が作成した「公正証書遺言」があります。
公正証書遺言はあらかじめ公証人という第三者が、故人の確認のもと作成した遺言書です。
そのため公正証書遺言には検認の必要がありません。

検認が必要な遺言書は、第三者を通さず故人が自筆で作成したもの、公証役場で保管していても公証人の確認がない遺言書です。

 
【遺言書の検認をする理由と目的】
 

 

相続は遺言書の内容にそって行われます。
そこで公正な手続きを行うため、事前に遺言書を改ざんできないようにする必要があります。
この検認は法律で定められており、検認を行わずに相続手続をすると5万円以下の罰金があります。

遺言書の検認をする理由は、改ざん防止の他にもあります。
家庭裁判所を通して遺言書の内容を確認することで、相続人や利害関係のある身内などで情報の共有をしたり、遺言書の存在を知らせることができます。
また変造があった際に、あらかじめ遺言書の内容を共有しておけば誰にでも分かることから、証拠を残しておくという目的もあります。

また検認はあくまでも遺言書の内容を確認するだけなので、書かれた遺言が法的に有効か無効かを判断することは基本的にしません。
ただし検認によって、遺言を実行すると法に触れると分かった場合は遺言が無効になります。

 
【遺言書の検認方法と期限はいつか】

 
遺言書が見つかったら、必ず開封前に検認をします。
何故なら検認は改ざんを防ぐための手続なので、開封してしまったら遺言書の内容が正しいと判断できなくなるからです。
検認が必要な遺言書は、公証人が事前に内容を確認していない「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」の2種類です。
また録音データ・代筆・パソコンで入力した遺言は無効です。

遺言書の検認をするには、まず故人が亡くなった住所の管轄している家庭裁判所に申立てをします。
申立書は家庭裁判所のホームページでダウンロードできます。
申立て後に家庭裁判所から検認の期日が相続人に通知されます。
検認期日に相続人立ち会いのもとで遺言書の検認をします。

検認の際には故人の出生から死亡時までの戸籍・除籍・改製原戸籍謄本が必要です。
さらに相続人全員の戸籍謄本、故人に死亡した子がいる場合はその子の戸籍・除籍・改製原戸籍謄本も必要になります。

 
【遺言書で困ったら司法書士・弁護士に相談を】
 

 

相続の手続きをする前に遺言書の検認が必要です。
検認は必ず遺言書の開封前に、故人の遺言が見つかった時点で行います。
検認の申立てをするには家庭裁判所に申立て用紙を申請します。
検認にあたっては故人のすべての戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本も必要になります。
さらに相続の状況によって必要な書類が異なるので、あらかじめ司法書士や弁護士に相談した方が手続きもスムーズで、余計な手間や出費も抑えられるでしょう。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

死後の諸手続き

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら
  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
フリーダイヤル0120-955-882資料請求

page top