お葬式の豆知識

参列者向け

すぐに弔問できない時はどうすればいい?

訃報を受けても遠方だったり病気療養中などの場合は、葬儀に参列できません。
そこで葬儀後に弔問することもあるでしょう。
しかしなかには遺族が弔問を断ったり、訃報を知るのが遅れて弔問できないケースもあります。
しかしどのような理由であっても、弔問できない場合には何らかの対処が必要です。

ここでは葬儀に参列できない・弔問できない場合の対処と挨拶文の紹介、香典やお供えを郵送する際の注意点を解説していきます。

 

【弔問できない場合はいつまでに対処すべきか】

 

葬儀に参列できない、訃報を知ってもすぐに弔問できない。
これには様々な理由があります。
遠方に住んでいたり後から訃報を知ったりなどです。
特に葬儀からかなりの日数がたって故人の死を知った場合は、弔問するタイミングがとりにくいものです。

遺族の意向にもよりますが、一般的には葬儀後の弔問は迷惑になります。
特に四十九日を過ぎる前は香典をもらっても返礼品が用意できないので、かえって遺族が対処に困ることになります。
どうしても弔問をするのなら四十九日後、もしくは一周忌など年忌法要のタイミングに合わせて弔問するようにしましょう。

すぐに弔問できない場合の対処として、手紙を添えて香典を送るのがマナーです。
できれば通夜や葬儀の際に弔電を送るのが丁寧ですが、後から訃報を知った場合は葬儀に参列できなかったお詫びをかねて、香典やお供えを郵送します。

 

【弔問できない際に香典を郵送する場合の対処】

 

何らかの理由で弔問できない場合、訃報を知っても通夜や葬儀に参列できない場合は、式までに弔電を打つことで対処します。
弔電は電報会社で定型文を用意しているので、状況や相手に合った文章を選ぶと便利です。
その後もすぐに弔問できない場合は、本来手渡しする香典を郵送にします。

また葬儀後に訃報を知った場合も同様に、訃報を知った段階で喪主に香典を送ります。
香典を送る際には、訃報の内容を確認した上で、弔問できなかったことをお詫びする手紙を添えて送ります。

香典を郵送する際に注意するのは、遺族が香典やお供えを辞退していないか確認することと、香典は必ず現金書留で郵送することです。
香典は現金で送るため現金書留で対処しなければなりません。
香典袋に香典を包んでから、手紙を添えて現金書留封筒で送ります。

近年は家族葬が増えています。
家族葬では様々な事情から香典やお供えを辞退することがあるので、その辺りも確認しましょう。

 

【弔問できないお詫び文の書き方】

 

 
今すぐ弔問できない場合は、一周忌やお盆などのタイミングに合わせて弔問することでも対処できます。
しかし訃報を知った以上は、挨拶が遅れたお詫びをしなければいけません。
そこで香典と一緒に、お詫びの手紙を添えるという対処をします。

香典に手紙を添える際に注意することは、白無地の封筒や便せんを使う・忌み言葉は避ける・お悔みの言葉と弔問できないお詫びを文中に入れることです。
封筒や便せんは白が基本です。
文頭・文末の挨拶は省き、縦書きでお悔やみの言葉から書き始めましょう。

忌み言葉とは、縁起が悪いとされる言葉です。
具体的には「またまた」「次々と」などの重ね言葉、「死ぬ」など直接的な表現です。
忌み言葉に対処するには、長々と状況を説明しないのが無難です。

「この度はお悔やみ申し上げます」「お線香をあげられないことお許しください」「同封のもの心ばかりですが御仏前にお供えください」などの定型文を重ねるといいでしょう。

 

【弔問できない場合の対処で困ったときは】

 

訃報を後から知った場合など、すぐに弔問できない時には香典やお供えを郵送することで対処します。
手紙を添える際はお悔やみの言葉とお詫びの文を入れ、遺族を気遣う内容にまとめます。
ただし近年は香典やお供えを辞退する家庭も増えています。
そのため送る前に確認したほうが、遺族もお返しなどの対処に困りません。
なお香典に添える手紙やハガキ、お供えの品物などはギフト店などに依頼すると、セットで格安になることもあります。

 

この記事をシェア
前のページへ戻る

参列者向け

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882