お葬式の豆知識

参列者向け

弔問する場合のマナーや服装は?

葬儀の知らせは突然にやってきます。
弔問をするには、とにかく時間があまりありませんから、大急ぎで準備をしなくてはいけなくなります。

通夜はともかく告別式となると、簡単な服装で出席するわけにも参りませんし、葬儀にはさまざまなタブーやマナーがありますので、気を配らないといけないことがたくさんあります。
突然の弔問でも慌てなくて済むように、しっかりとした知識やマナーを身につけて、その時のために備えておく必要があります。

 

【弔問する場合の服装は?】

 
葬儀に弔問する場合、まず、はじめに考えなければならないのが服装です。
いったいどんな服装で弔問するのが正解なのか、どんな服装がマナー違反となるのか、知っているようでいざ準備にとりかかってみると、案外知らないことがたくさんあることに気づきます。

通夜では訃報が入ってすぐに駆けつけないといけないことから、礼服でなくても大丈夫です。
あまり派手だったりラフ過ぎたりしなければ、平服でも構いません。

告別式に弔問する場合は、少し時間に余裕もあることから、できれば正式な喪服で参列するようにしましょう。

男性の場合は、フォーマルブラックのスーツで礼服用の白いシャツに黒無地のネクタイをします。
原則、ネクタイにはネクタイピンは付けません。
ポケットチーフなどもなしです。

女性の場合は、フォーマルブラックのスーツまたはワンピースで長袖が原則です。
ボタンは布でくるんでいるものを使用し、金ボタンなど目立つものは避けなければいけません。
アクセサリーや持ち物にも気を配る必要があり、キラキラと光るものは避けましょう。

 

【弔問する場合のマナーとは?】

 

 
弔問する際には、服装の他にも色々と気をつけないといけないマナーがたくさんあります。

遺族に対する挨拶は、「この度はご愁傷様でした」や「心よりお悔やみ申し上げます」など簡単なものにし、死因や臨終の状況などを聞いたりしてはいけません。
また「死」「死亡」などの直接的な言葉や、「たびたび」などの重ね言葉は忌み言葉といって、お悔やみの際にはタブーとなっています。

弔問の際の持ち物として香典があります。
香典の書き方については、宗教や宗派などによっても違いますので、弔問する前にできれば確認をしておきましょう。
また香典はそのまま裸で渡すのではなく、袱紗などに包んでおくことがマナーです。

通夜は突然に訃報が入りますので、なかなかすぐに駆けつけることはできませんが、できれば遅れても弔問するというのがマナーです。
また告別式に弔問する場合は、遅刻はもちろん厳禁です。

 

【マナーは形式ではなく心が大切】

 
葬儀でのマナーは古くから脈々と続くしきたりによって、継続されてきたものです。
時には「なぜこんなことをしなければいけないのか」と、意味の分からないこともたくさんあります。
しかしこれらはそもそも、亡くなった人を送り出すための儀式であり、幸せに旅立って欲しいと願う心や、遺族に対するねぎらう心、そして悲しい気持ちを少しでも和らげるために行われてきたものなのです。

長い年数をかけ、それらのしきたりは形を変え、簡略化されて今に続いているのです。
ですから、しっかりとマナーを守り、心のこもった弔問をしたいものです。

 

この記事をシェア
前のページへ戻る

参列者向け

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら
  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
フリーダイヤル0120-955-882資料請求

page top