お葬式の豆知識

参列者向け

焼香のマナーを教えて

お通夜や告別式に参列すると、参列者は順番に焼香をしなければいけません。
宗教や宗派によってさまざまですが、ここでは一般的な焼香について見てみましょう。
焼香を行うには作法やマナーがあります。
セレモニーで行う場合、参列者はひとりひとり順に行わないといけませんので、作法通りでないと、マナー知らずとして恥ずかしい思いをすることになります。

 

【焼香とは?】

 

焼香のマナーの前に、そもそも焼香とはどういうものかを振り返ってみましょう。

焼香は日本の葬儀でしきたりとなっており、通夜や告別式で参列者によって行われています。
それは霊前を清めてお香を亡くなった人に手向けるという意味が込められた儀式なのです。

実際には、香炉で抹香を焚き、線香を立てて火を灯します。
抹香というのは樒(しきみ)の葉から作られたもので、独特の香りがあり、その香りが邪気を払うとされています。
邪霊はこの香りが嫌いなので、亡くなった人の遺体に悪い霊などがとりついたりしないように焚かれたのです。

また現在のように遺体の処理がちゃんと出来なかった時代には、その腐敗臭を抑えるための役割も果たしました。
 

 

【焼香のマナー】

 

焼香の順番についてのマナーですが、誰からでもいいわけではなく、ちゃんと順番が決まっています。
焼香は故人と最も近しい人からはじまることになっているので、普通に考えれば、喪主が一番となります。
遺族のあとは親族、そして知人、友人の順番が一般的です。
このように焼香がスムーズに行えるように、葬儀会場には参列者が焼香をする順に椅子に掛けるよう案内をされているはずです。

次に焼香の作法のマナーです。
焼香で自分の順番がきたら、遺族の前まで進み遺族と僧侶に礼をします。
そのあと遺影に向き直り、軽く一礼をしたあと焼香をします。

焼香をする時に、数珠を忘れてはいけません。
左手に数珠をかけ、右手で抹香をつまみます。
つまんだ抹香は額までいただいたあと、香炉へと落とし入れます。

この作法は宗派によって違いますので、宗派がどこかを予め確認しておく必要があります。
焼香を一度だけ行う宗派もありますし、抹香を額にいただかないという宗派もあります。
宗派によってマナーは微妙な違いがあります。

 

【焼香のマナーを間違えたら】

 

焼香の作法のマナーについては、分からなくても問題はありません。
そして間違えても大丈夫です。
マナーといっても、そのあたりはあまり厳しくはありません。
違う宗派のマナーであっても、失敗というわけではないのです。
結局のところ、故人へのお悔やみの気持ちが大切なのであって、焼香の作法を間違えたからといって、その思いまで汚れてしまうわけではありませんから。
 

 

この記事をシェア
前のページへ戻る

参列者向け

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら
  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
フリーダイヤル0120-955-882資料請求

page top