お葬式の豆知識

葬儀前

遺影はどんな写真でもいいの?

遺影というのは、亡くなった人の写真をもとにして作られ、葬儀では必ず必要となるものです。
遺影にする写真は、故人が亡くなると、遺された身内によって探すことになります。
思い出の写真の中から、その人らしい素敵な写真を選びたいものです。

また最近は終活の一環として、存命な内に自らお気に入りの写真を選んだり、また遺影用の写真撮影などをしたりする人が増えています。

 
【遺影に向いている写真】

 
遺影は葬儀に必要なために、慌てて写真を探さないといけません。
懐かしい写真を振り返りながら、故人との思い出に浸る間もありません。
しかしいざ探してみるとたくさんある写真でもなかなかしっくりとくるものが見つからないものです。

遺影の写真は、通常、スナップ写真を四つ切のサイズに引き伸ばして使われます。
葬儀の規模や会場によってはもっと大きく引き伸ばされることもあります。

もとの写真に本人以外の人が一緒に写っているなどしていても、うまく修正や背景の画像処理などもしてもらうことができます。
ただしピントがあっていなくてボケたものは修正できないので避けましょう。

遺影の写真を選ぶときのポイントとしては、胸から上のもの、本人ひとりがアップになっているもの、そして何よりも本人らしい写真を選ぶことが大切です。

以前は黒い額縁に遺影を納めるのが一般的でしたが、最近はこだわらなくなってきました。
また自分らしい写真ということで、喪服を着ているような写真ではなくなってきました。
より自由で個性的な遺影が好まれるようになってきました。
 

 

【遺影写真は自分で選んで納得】

 
遺影にする写真は、家族が一番いいと思うものを選んでくれますが、でも自分が本当に選んでもらいたいと思うものとは違ったりします。
現在は終活といって、自分の死を正面から捉え、葬儀やそのあとのことまでしっかりと準備する人が増えてきています。

遺影は葬儀のときにも必要ですが、その後も床の間などに飾られます。
そのため、自分の気に入った写真にしたいと願う人が多く、家族とはいえ人任せにはできないといった考え方をするようになりました。

今までに撮りためた写真の中から遺影用の写真を選ぶのもいいですが、改めて撮影をする方法もあります。
写真店では遺影用の写真を撮ってくれるところもあり、髪の毛のセットやメイク、衣装の貸し出しなどもしてくれます。
プロに納得できる写真を撮ってもらい、前もって遺影の準備をしておくと、たくさんある写真の中から大慌てで探さないといけない身内にとっても非常に助かります。
 

 

【遺影の写真は自分で選んで納得】

 
遺影の写真はできれば、自分が一番納得のいく写真を選びたいものです。
まだまだ先のことだし、遺影の写真なんてなんでもいいやと思っていても、いざその時がくるとそういうわけにもいかず、特に家族が選ぶとなるとその作業は大変です。
ゆっくりと時間をかけて選ぶこともできません。

自分も家族も見送ってくれる人みんなから、自分の歩んできた人生を一目で思い出すことができるような素敵な一枚を選びたいものです。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

葬儀前

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら
  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
フリーダイヤル0120-955-882資料請求

page top