お葬式の豆知識

葬儀の種類・流れ

葬儀に呼ばない人にはどんな配慮が必要?

一般葬では広く参列者を招きますが、近年増えている家族葬などの小規模での葬儀では、葬儀に招く人が限られてきます。
そのため後日になって「何故葬儀に呼ばないのか」などと親族や知人の不信を買い、トラブルになることがあります。
それでは葬儀に呼ばない人にはどのような対応をすればいいのでしょうか。
今回は家族葬などで葬儀に人を呼ばない場合にどんな連絡や配慮をすべきか解説していきます。

 
【葬儀に人を呼ばない理由とは】

 
一般的な葬儀では故人の両親・祖父母・兄弟姉妹などの近親者、友人や知人、会社関係や近所で交友のあった人などを広く招きます。
しかし近年では「家族葬」に代表されるような、身内やごく親しい人だけで行う小規模な葬儀が増えています。

そういった小規模な葬儀を行う理由としては、経済的なものや、「家族だけで静かに送ってほしい」といった故人の遺志、家庭の事情など背景は様々です。
また事故や自殺など故人の死因によっては葬儀を公にしないこともあります。
いずれの場合も葬儀に参列する人数はごく限られるため、葬儀に呼ばない人に対する配慮をしなければなりません。

特に家族葬などでは、親族などを呼ぶこともできないケースが多いので、親族に限っては葬儀に呼ばない場合にも事前に連絡をしておくなど、配慮が必要になります。

 
【親族には葬儀に呼ばなくても連絡をする】
 

 

家族葬など小規模での葬儀をする場合、親族であっても葬儀に呼ばないことがあります。
しかし相手が親族や故人と特に親しい間柄の場合は、葬儀に呼ばなくても訃報を伝えた方がいいでしょう。
何故ならそういった人たちは本来は葬儀に招くべき相手だからです。

特に親族を葬儀に呼ばない場合、前もって訃報を伝えるなどの配慮をしないと、後からトラブルになることがあります。
そこで訃報を伝える際に、「葬儀は都合により家族葬にて行います」など人を招いての葬儀をしない旨を連絡して理解を得ておきましょう。
また親族や知人であれば、故人の生前の意思などを説明すれば分かってもらえるケースもあります。

また一般的に、家族葬など小規模で葬儀を行う場合は香典を辞退することがほとんどです。
葬儀に親族などを呼ばないのであれば、香典や供花などを辞退する旨も連絡・またはハガキなどに記載しておきましょう。

 
【会社関係などに連絡する場合は】

 
喪主や遺族が会社や学校に所属している場合、忌引きや休暇の報告をしなければなりません。
葬儀に呼ばない相手には直接訃報を伝えるのではなく「お悔やみ欄」などで報告するという方法もあります。
しかし会社などに休暇を申し出る場合には、理由を正直に報告しなければなりません。

会社によっては、慶弔休暇や慶弔金について就業規則で定めているところがあります。
機関や金額については会社によって様々です。
また会社が独自に行う福利厚生なので制度自体がない場合もあります。
いずれにせよ、葬儀に呼ばない場合にも休暇は取らなくてはいけないので会社に報告する配慮は必要です。

家族葬などで香典を受け取らない場合でも、会社から支給される慶弔金があれば、それは受け取ってもかまいません。
なぜなら慶弔金は「香典」とは違いあくまで福利厚生の一環として支給しているものだからです。
また会社などから香典としてお金を出された場合、無理に断らず受け取っておくのも配慮の一つです。

 
【葬儀に呼ばない場合も連絡を】

 
何らかの事情があって身内だけで葬儀をする、あるいは葬儀に人を呼ばない場合でも訃報を伝えるという配慮は必要です。
葬儀後に弔問をしたり、供花や香典などを贈るなど哀悼の意を表す方法は他にもあるからです。
ただし訃報を知らせなければ伝わらないばかりか、なぜ知らせないのかとトラブルになることもあります。
近年は家族葬や身内葬など、小規模での葬儀が増えています。
そこで訃報を伝える際に「葬儀は身内だけで」と伝えるのも一つの方法です。
 

この記事をシェア
前のページへ戻る

葬儀の種類・流れ

些細なことでも お気軽にご相談ください

 24時間年中無休 0120-955-882

パンフレットをご用意しております 資料請求はこちら
葬儀費用のお支払い方法
  • 各種クレジットカードに対応
  • ローンでのお支払い
  • 現金一括払い
葬儀費用について

生活保護受給者の方へ

生活保護を受給されている方は費用のご用意が難しく葬儀が行えないとお思いではありませんか?自治体などの補助制度を活用して安らかにお見送りすることも可能です。

詳しくはこちら

page top

  • フリーダイヤル0120-955-882
  • このページを登録
  • フリーダイヤル0120-955-882